Blog記事一覧 > 交通事故について > 示談金と慰謝料の違い

示談金と慰謝料の違い

2014.05.28 | Category: 交通事故について

交通事故でよく耳にする【示談金】【慰謝料】の違いについてご説明いたします。

果たしてその違いを正しく理解している方がどのくらいいるでしょう??

「示談金は◯◯万円だった」「慰謝料部分は◯◯万円になります」

交通事故被害者が情報を集めていると、さまざまなところで使われている言葉ですね。

両者の言葉はどちらも同じ意味なのでしょうか?

それともまったく違うものなのでしょうか?

 

示談金とは、簡単にいうと、「事故の当事者間で自由に決めて支払うお金」のことです。

交通事故のことだけではありませんが、どのようなトラブルであったとしても、

(基本的には)被害者と加害者が納得して、「◯◯万円で示談しましょう」

ということで合意すれば、示談成立となります。

必ずしも警察、保険会社、弁護士が必要なわけではありません。

言ってしまえば、このときの金額については、法的な金額の相場や計算方法に基づかなくても問題はない、ということになります。

一方、慰謝料とは、示談金と違い、法律に基づいて請求される「精神的苦痛を慰謝する為の金銭」の事です。

例えば、患者さんが交通事故に遭い、数百万円の慰謝料を請求することはできても、それがそのまま認められることはまずありません。

交通事故の場合で言えば、特定の計算方法や基準(自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準など)

をもとに算定されるのが一般的です。いくらでも「請求」することはできますが、特定の計算方法や基準からかけ離れた金額が認められることはありません。

また、多くの交通事故被害者の方が勘違いされているようですが、交通事故において「慰謝料」とは、いわゆる「入通院慰謝料」のことを指します。

保険会社から支払われるお金、すべてをひっくるめて「慰謝料」と考えている方々がいらっしゃいますが、それは違います。

「休業補償」「通院交通費」「治療費」など、いくつか項目がある中の「慰謝料(部分)」という位置づけです。

ちょっと難しいお話かと思われますのでお気軽にスタッフまでご相談ください。

次回は慰謝料の計算方法についてお伝えいたします。

当院へのアクセス情報

所在地〒273-0005 千葉県船橋市本町1-13-20 1F
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号047-404-6994
駐車場コインパーキング提携
※斜め向かいの三井のリパークをご利用ください。(駐車証明書の発行をお願いいたします)
休診日日曜・祝日