貧血について

2014.06.02 | Category: お身体に関する豆知識

こんにちわ!

ル・クール整骨院&鍼灸院の三田村です。

 

今日は貧血についてお話を!

 

まず、貧血とは血液によって十分な酸素や栄養が運ばれていない状態を言います(>_<)

 

中学生女子の8~15%、高校生女子の15~17%、成人女性の約17%に貧血の疑いがあるとされていて

現在、貧血でお悩みの方も少なくないと思います。

 

貧血の大部分は、血液中にあるヘモグロビンの材料である“鉄分”が不足する 鉄欠乏性貧血が多く

鉄分の日本人の平均的な摂取量は必要量の約半分しか摂れていないそうです。

激しい運動をすると大量の汗とともに鉄も失われるため、鉄不足になり、貧血に陥りやすくなるのです( ゚Д゚)

 

他には、ビタミンB12の不足や葉酸の不足も原因として挙げられます。

 

徐々に貧血が進行していった場合は、身体が貧血状態になれてしまい、自覚症状を感じない人も多くいるそうです。

貧血が悪化してしまうと免疫力や抵抗力が低下し、精神的にも不安定になったり

不妊になりやすくなったり。

なので肩こり、冷え性、倦怠感、肌荒れなど、体のささいな不調や

突然のめまい、吐き気、息切れ、動悸など身体が発信しているサインに気づいてあげましょう!

 

そうでないと爪が掛けやすい、スプーン状に反る、髪の毛や肌のつやが失われる、枝毛や切れ毛、抜け毛が増える、爪が変形する、吹き出物が増える

などなど…女性とっては大問題なことが起こってきてしまいます(:_;)

 

 

改善する方法としては

・へム鉄を含んでいるレバー、肉類、魚類などを、積極的にとる

・動物性たんぱく質(肉、魚、卵、チーズ、牛乳など)やビタミンCと一緒にとることで吸収率が高まる

・朝食の食パンをライ麦パンやレーズンパンに変えてみる

(ライ麦パンは食パンの約2倍、レーズンパンは約1.5倍の鉄分が含まれているそうです。

そこに緑黄色野菜を一皿、コーヒーにはたんぱく源である牛乳を加えてカフェオレに。)

・鉄分がレバーの約3倍もある、アサイージュースを飲むようにする

・食物繊維やカルシウム、ポリフェノールや鉄分といった栄養素が豊富。ポリフェノールもココアの約5倍含まれてるそうです。

・血を補い、体を温める性質があるといわれているライチを食べる

・鉄分吸収を阻害してしまうコーヒー、紅茶、緑茶などの摂取を控える

含まれるタンニンが阻害するそうです。なので、含有量の少ない麦茶やハーブティなどがオススメ。

 

これはダイエットにも繋がりそうな予感♪

皆さんも是非お試しあれ!

当院へのアクセス情報

所在地〒273-0005 千葉県船橋市本町1-13-20 1F
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号047-404-6994
駐車場コインパーキング提携
※斜め向かいの三井のリパークをご利用ください。(駐車証明書の発行をお願いいたします)
休診日日曜・祝日