眼精疲労

2014.06.20 | Category: お身体に関する豆知識

こんにちは☆

 

ル・クール整骨院&鍼灸院院長の西村です(*´ω`)

 

本日は眼精疲労についてお伝えいたします。

 

みなさん「目が疲れたなぁ」とほとんどの方が感じた経験があるかと思います。

 

最近は仕事をする上でもパソコンは必須ですし家でもテレビやゲームなど

 

常に目を酷使している状況ですからしょうがないと言えばしょうがないのですが

 

本当にどうにかしたいものですよね。

 

子供の頃は、目が疲れたら「遠くを見なさい」といことを言われましたが

 

仕事中にぼんやり外を眺めていたりしたら上司に何を言われるかわかりませんけどね(笑)

 

毛様体筋の働きと眼精疲労の関係について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的に目の疲れは同じところを長時間見ているためにおきます。

人の目は「毛様体筋」を緊張させ、カメラのレンズにあたる水晶体を

 

より厚くしてピントをあわせて調節しているため、同じところを見ていると

 

常に「毛様体筋」の緊張が持続していることになります。

目の疲れは一種の筋肉疲労みたいなものですから、手足の筋肉疲労を

 

緩和させるのと同じようにストレッチをすることでよくなります。

子供の頃に「遠くを見なさい」と言われたのも、水晶体を厚くしたり薄くしたりして

 

「毛様体筋」の緊張を解きほぐすためです。

 

理にかなった方法といえば、その通りですね。

 

眼精疲労は目の奥が痛くなるだけではなく

 

頭痛や肩こりなど、一見関係ない部分にも現れます。

 

これは目の筋肉の緊張もありますが同じ姿勢をとり続けること

 

による他の筋肉の緊張や目の疲れから来る神経への影響も

 

考えられますので、一概に眼精疲労が原因だとはいえない場合もあります。

眼精疲労だけが原因であれば、肩こりや頭痛も休息するだけで症状は緩和

 

しますが他の色々な要因が合わさっておきる場合もあります。

 

まずは同じ姿勢、同じ画面を見続けないように意識してみてください☆

 

いまの時代ネット社会ですからなかなか難しいですけどね(-ω-)/w

風の匂い »

«

当院へのアクセス情報

所在地〒273-0005 千葉県船橋市本町1-13-20 1F
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号047-404-6994
駐車場コインパーキング提携
※斜め向かいの三井のリパークをご利用ください。(駐車証明書の発行をお願いいたします)
休診日日曜・祝日