仙腸関節

2014.09.01 | Category: お身体に関する豆知識

今日は仙腸関節についてお話していきます。

 

腰痛には色々な原因が考えられます。

腰椎や骨盤が原因のもの、筋肉や靭帯が原因のものなど。

中でも骨盤の歪みによる腰痛で仙腸関節が原因のものが多くみられます。

仙腸関節とは骨盤を構成するものの一部で腸骨と仙骨で構成される関節です。

数年前までは不動関節・半関節=動かない関節と言われていました。

それは仙腸関節の動きが目に見えない事や多くの靭帯に固定されているなどが考えられます。

しかし最近では仙腸関節の動きも認められてきて、重要な関節として注目されています。

 

仙腸関節の動きは主に歩行時に3Dのような前後左右合わせた動きをします。

仙骨の傾きや腸骨の捻じれにより歪み腰痛となることが多いです。

また歪みにより仙腸関節を補強している靭帯を損傷するものも多くみられます。

 

 

症状として軽度のものでは歪みによる軽い疼痛、動作時痛など

重度のものでは熱感を伴った痛みや神経痛、激しい痛みにより動けない=ギックリ腰など

症状も様々です。

症状の軽い症状であれば1回の骨盤矯正で痛みが消えるもほとんどですが

症状が強いものですと骨盤矯正だけではなかなか痛みがとれないものが多いです。

 

当院では高圧治療機器・鍼灸・矯正などを組み合わせ、様々な症状に対応した治療を

行っていきます。

どこにいっても治らない、良くならない方は是非当院に一度ご相談ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒273-0005 千葉県船橋市本町1-13-20 1F
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号047-404-6994
駐車場コインパーキング提携
※斜め向かいの三井のリパークをご利用ください。(駐車証明書の発行をお願いいたします)
休診日日曜・祝日