Blog記事一覧 > お身体に関する豆知識 > 女性ホルモンのお話

女性ホルモンのお話

2014.09.19 | Category: お身体に関する豆知識

こんにちは!

ルクール整骨院&鍼灸院の田村です。

 

年をとるとともに女性ホルモンの分泌が少なくなっていきます。

女性ホルモンの分泌が少ないと身体が不調になる事が多いようです。

そこで、老化を防ぎ若返りを促す『女性ホルモン』を、日常のちょっとした工夫でUPさせる方法を紹介したいと思います。

 

(1)夏でも、体を温め作戦を実行&続行!

冷えは女性ホルモンバランスを乱すといわれています。体がとても冷えやすい時期です。
ショウガを入れた飲み物を飲んだり、お腹や腰をカイロで温めるなど、ちょっとした冷えケアをしましょう。

 

(2)寝る前にゆったりからだと心をリラックス

熟睡も健全なホルモン分泌には大事なことです。
寝る間に少し部屋を暗くして、好きな音楽を聴きながら、ゆっくりゆったりストレッチをしてみましょう。血行を少しだけ良くしてから眠ると、熟睡できます。
ただし、激しくストレッチしないこと。

 

(3)今夜は遅くても0時前に寝る!

ホルモン分泌は、1日の生活サイクルを整えることでケアできます。
毎晩夜更かしで、寝る時間が一定しなければ、ホルモン分泌の状態は悪くなるばかりです。
早寝を実践して、まずは規則正しい生活習慣を身につけてみましょう。

 

(4)陽光を浴びて深呼吸を5回繰り返す

朝起きたときや出かける前など、いつでもできる簡単な生活術です。
大きく背伸びをするような気持ちで深く息を吸い、吐き出します。
これを5回繰り返します。
深い呼吸は自律神経を整えるので、ホルモンバランスもケアできます。

 

(5)帰りはひと駅前で降りて、ウォーキング!

運動は、女性ホルモン分泌にも必須です。
でも、ハードな運動をすればいいというわけではありません。
からだの代謝を少しだけ高める運動がカギなのです。

 

(7)ドキドキするときめきをたくさん!

たとえば好きな人・友人と話をしたり、感動する小説や映画を堪能したり、パートナーとおしゃれしてデートしたり。
ドキドキするようなときめきを生活にプラスしてみましょう。
ときめきはホルモン活性に有効な方法なのです。

 

(8)朝起きたら基礎体温の測定グセを

生理があってもホルモンバランスが乱れる可能性があります。
朝起きたら基礎体温を測り、定期的に日々チェックをしましょう。

 

(9)湯銭でボーッと3分間脳を休ませる入浴を

ストレスは女性ホルモンの天敵です。
仕事や家事などで心とからだが疲れたら、しっかりと取り除きましょう。
疲れたときは入浴中に3分間、目を閉じて何も考えないでボーッとするのも◎。

 

日常でちょっとの頑張りで出来ることなので試してみて女性ホルモンをUPさせましょう!

 

 

 

☆院の紹介☆

治療内容は保険治療をはじめ、早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

からだの土台となる骨盤矯正
肩こりや頭痛改善の猫背矯正
出産後の骨盤の開きに産後の骨盤矯正
女性の悩みのO脚矯正
からだのラインを整える美容整体
お顔スッキリ小顔矯正
痛みや神経痛、冷え症や婦人科疾患に鍼灸治療
他にも交通事故治療やスポーツ外傷に特化した最新高電圧治療器

船橋で今までになかった整骨院&鍼灸院を!

当院へのアクセス情報

所在地〒273-0005 千葉県船橋市本町1-13-20 1F
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号047-404-6994
駐車場コインパーキング提携
※斜め向かいの三井のリパークをご利用ください。(駐車証明書の発行をお願いいたします)
休診日日曜・祝日