台風と体調の関係

2014.10.14 | Category: お身体に関する豆知識

おはようございます!!

ルクール整骨院&鍼灸院の田村です。

 

昨日は台風19号が関東にもやってきましたが、みなさん大丈夫でしたか?

関東の方は夜から早朝にかけてだったので通勤時間に被らなくてよかったです。

しかし、台風になると、体調を壊すという方多いと思います。

台風は身体にどのような影響があると考えられているのでしょうか。

 

季節の変わり目や天候が悪いときに、体調が悪くなったと感じたことはよくあります。とはいっても、我慢できないほどの

ものではない。熱っぽくはなく、風邪の症状とはちょっと違う。どうやら気圧の変化が関係しているようです……。

 

低気圧になると現れる風邪のような症状やリウマチなどの症状の悪化も、自律神経の働きの低下や乱れで、血流が悪くな

ることによるものです。

鼻水が出るのは、自律神経のバランスの乱れでヒスタミンという物質が過剰に分泌されるからです。

鼻水は出るものの、低気圧が原因の不調では、発熱やせき、のどの痛みなどは出ないでしょう。また“天気が悪いと古傷

が痛む”と、よく言いますよね。気圧が下がると副交感神経の働きが悪くなり、交感神経が優位になります。すると血管が

縮み、古傷周辺の痛みを感じる神経が刺激されるために、そのようなことが起こるのです。

 

雨の日には注意が必要だそうです。台風シーズンは、日本列島は低気圧に覆われることが多い。もし不調

を感じたら、どうすればいいのか。

副交感神経の働きを活発にすることです。副交感神経が働くのは主に夜です。人が眠っている時間が最も活発に働くので、

夜には、とにかく十分な睡眠をとってください

手っ取り早く血流をよくする効果がある入浴と運動もよいという。

夜の過ごし方とは変わって、昼間はだるいからといってゴロゴロ寝てばかりではいけません。余計に血流が悪くなってしま

います。体調が多少悪くても動いてください。

呼吸が深まるウオーキングなどがいいですね。

入浴するときは、40〜41℃のお湯にいったん首まで浸かってからだを温めてから、10分間半身浴をすると翌日には元気に

なるでしょう

 

副交感神経の働きは加齢によっても衰えてしまいます。腹八分目の食事、朝食は必ず食べる、疲労やストレスをためないな

ど、生活習慣を見直して、副交感神経がいつも活発に働く状態を維持するように心がけることが気圧の変化に対処する何よ

りの対策です。

 

 

 

 

☆院の紹介☆

治療内容は保険治療をはじめ、早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

からだの土台となる骨盤矯正
肩こりや頭痛改善の猫背矯正
出産後の骨盤の開きに産後の骨盤矯正
女性の悩みの美脚O脚矯正
からだのラインを整える美容整体
お顔スッキリ小顔矯正&美容鍼
痛みや神経痛、冷え症や婦人科疾患に鍼灸治療
他にも交通事故治療(むちうち)やスポーツ外傷に特化した最新高電圧治療器

船橋で今までになかった整骨院&鍼灸院を!

船橋で皆様に信頼される№1の整骨院&鍼灸院を!

JR船橋駅徒歩4分、京成船橋駅徒歩3分。コインパーキング(駐車場)提携。

船橋市、習志野市、千葉市、市川市、浦安市など遠方から多数来院。

船橋駅治療院口コミ№1!

TEL047-404-6994

当院へのアクセス情報

所在地〒273-0005 千葉県船橋市本町1-13-20 1F
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号047-404-6994
駐車場コインパーキング提携
※斜め向かいの三井のリパークをご利用ください。(駐車証明書の発行をお願いいたします)
休診日日曜・祝日