Blog記事一覧 > 雑談 > マスクのもう1つの効果

マスクのもう1つの効果

2014.11.07 | Category: 雑談

こんばんは!

ルクール整骨院&鍼灸院の中桐です。

 

冬はマスクを付ける人が急増しますよね。

私も風邪予防というより、寒さ対策に付けたりします(*´ω`)

マスクをすると、暖かいんですよね~

冷たい風や乾いた風の刺激から肌も守られ、暖かさから血液循環が良くなり美肌になるそうです。

よくマスクを濡らして夜つけたまま寝ると、呼気によるスチーム効果で肌の乾燥を防ぎ、加湿器以上の効果があると聞きます。

 

でも、実はマスクをずっとつけてるのは肌によくないらしいんです!?

 

1. こすれることで肌荒れを引き起こす

マスクをつけると、マスクと肌が少なからずこすれてしまいます。こすれることで角質が刺激され、肌荒れの原因になってしまいます。

2. マスクの布に抗菌剤などが配合されていることがある

この抗菌剤に対して皮膚が過剰反応してしまい、赤くなったりできものが出来たりすることが多いんだそうです。

3. 乾燥を加速させる

 吐いた息が蒸気となって顔に付着し、それが乾いて水分が奪われていきます。

ただ!正しい使い方すれば防ぐことが出来ます!

肌荒れを起こさないためにはマスクを時々外したり、いつも以上に保湿をしたり、マスクの内側にガーゼを当てるのが効果的のようです。こすれや抗菌剤による肌荒れを防ぎ、保湿力もアップするそうです。

マスクも正しい使い方をすれば風邪予防と美肌効果どちらも得ることが出来るので、敏感肌の方は少し注意してこの冬を乗り切りましょうヽ(^。^)ノ

 

当院へのアクセス情報

所在地〒273-0005 千葉県船橋市本町1-13-20 1F
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号047-404-6994
駐車場コインパーキング提携
※斜め向かいの三井のリパークをご利用ください。(駐車証明書の発行をお願いいたします)
休診日日曜・祝日