Blog記事一覧 > 雑談 > 意外と知らないお正月の常識!

意外と知らないお正月の常識!

2015.01.08 | Category: 雑談

こんにちは!

ルクール整骨院&鍼灸院の田村です(^o^)/

 

お正月の三が日を過ぎて気になるのが、正月や新年の儀式の期間ですよね。

そこで、お正月や新年の儀式はいつまでなのか、また、そこで重要になる「松の内」について気になったので

調べてたら、意外に知らない事ばかりでびっくり!!

知ってて損はないお正月の常識を7つ紹介します!

みなさんは、全部知っていますか?

 

そもそも、松の内って知っていますか?

松の内とは、歳神様が宿っている期間の事をゆうんです。

大まかには、関東が1月7日、関西では、1月15日までと言われることが多いみたいです。

 

①初詣は松の内までにいきましょう

以前は初詣は元旦だけでしたが、今は松の内までと言われています。

 

②門松は1月7日まで飾る

しかし、土地土地によって飾る期間が違う場合もあります。

 

③しめ縄は1月15日の「どんど焼き」で焼く

しめ縄も1月7日までかざります。

その後、小正月とよばれる1月15日に行われる正月の火祭りどんど焼きでお焚き上げして頂くのが通常のようです。

 

④鏡餅は鏡開きまで

鏡餅は基本的には1月11日まで。

木槌なのでたたきわってお雑煮などにして食べます。

 

⑤年賀状は1月7日を過ぎると寒中見舞い

1月7日を過ぎると寒中見舞いになり、

寒中見舞いは立春の時期までで、2月4日の立春を過ぎれば余寒見舞いになります。

 

⑥1月15日までに新年の挨拶を

挨拶も松の内の1月7日までになるべく済ませるのが一般的です。

 

⑦七草がゆは1月7日の朝に食べる

無病息災、豊年の願いをこめて食べます。

 

 

みなさんはいくつ正しく出来ていましたか?

知らなかったことがもしあれば、覚えておくといいですね☆★

 

 

☆院の紹介☆

治療内容は保険治療をはじめ、早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

からだの土台となる骨盤矯正

肩こりや頭痛改善の猫背矯正

 

出産後の骨盤の開きに産後の骨盤矯正

女性の悩みの美脚O脚矯正

 

 

 

 

 

 

からだのラインを整える美容整体

お顔スッキリ小顔矯正&美容鍼

痛みや神経痛、冷え症や婦人科疾患に鍼灸治療

他にも交通事故治療(むちうち)やスポーツ外傷に特化した最新高電圧治療器

船橋で今までになかった整骨院&鍼灸院を!

船橋で皆様に信頼される№1の整骨院&鍼灸院を!

JR船橋駅徒歩4分、京成船橋駅徒歩3分。コインパーキング(駐車場)提携。

船橋市、習志野市、千葉市、市川市、浦安市など遠方から多数来院。

船橋駅治療院口コミ№1!

TEL047-404-6994

当院へのアクセス情報

所在地〒273-0005 千葉県船橋市本町1-13-20 1F
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号047-404-6994
駐車場コインパーキング提携
※斜め向かいの三井のリパークをご利用ください。(駐車証明書の発行をお願いいたします)
休診日日曜・祝日