シンスプリント

シンスプリントは別名脛骨過労性骨膜炎といわれ、運動中もしくは運動後に下腿中下の約3分の1に当たる部分、特に裏側に痛みが走るという一種のスポーツ障害です。整骨院&鍼灸院でも昨今はシンスプリントでの相談が多く、船橋市本町でも同様に増え続けております。特に環境の変化する時期に整骨院&鍼灸院への相談が増えるといわれているのですが、それはなぜでしょうか?

「シンスプリントの原因とは?」

シンスプリントは簡単にいいますと、下腿中下の約3分の1に当たる部分を構成するヒラメ筋や長趾屈筋、後脛骨筋が炎症を起こしている状態です。これらの部分は運動時に使われるだけでなく、いわばクッション的な役割をも果たしているのです。
例えば運動の器具や環境、合っていない靴を履いたり偏平足気味であったりすると、どうしても上記筋肉がうまく活動しなくなり。結果炎症を起こすことになります。
尚シンスプリントの症状は主として慢性的な疼痛であるケースが多いのですが、場合によっては骨折のケースもありますので注意が必要です。

「慢性化する前に早めにご相談下さい!」

ともあれシンスプリントの症状が疑われた場合は出来るだけ動かさずに、早めに病院なり整骨院&鍼灸院なりに相談して下さい。船橋市本町でも相談件数が増えているシンスプリント、当院では様々な治療法を確立し、特にスポーツをする人やクラブ活動に頑張る学生さんを応援しています。まずは、ご相談下さい。

当院へのアクセス情報

所在地〒273-0005 千葉県船橋市本町1-13-20 1F
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号047-404-6994
駐車場コインパーキング提携
※斜め向かいの三井のリパークをご利用ください。(駐車証明書の発行をお願いいたします)
休診日日曜・祝日