脊柱管狭窄症

2014.07.11 | Category: お身体に関する豆知識

こんにちは☆今日は予想より船橋市は雨も降らなかったですね(*´ω`)

本日はよく耳にする脊柱管狭窄症についてお話しいたします。

脊柱管(図1)には、脊髄・馬尾(ばび)という神経が通っていてます。

「腰部脊柱管狭窄症」とは、「図2」のように、腰部の脊柱管が

何らかの原因で狭くなり、

脊柱管の中を通っている神経が圧迫されることによって

腰痛や痺れをおこす病気です。

若年から高齢まで、あらゆる年代で発症する可能性

がありますが、50・60歳代~70歳代までの方々に、多く発症する傾向にあります。

正常な脊柱管   脊柱管狭窄症の例

 

【特徴】

歩いているとだんだん下肢が痺れたり重くなったり、痛みが出たりして

歩くことが困難になります。

しかし、腰掛けたり屈めたりして、しばらくするとまた

歩けるようになるという【間欠性行】(かんけつせいはこう)

という状態になることが多いです。

持続して歩ける時間は、1~2分の場合から10分程度など

脊柱管狭窄症のレベルによって、違ってきます。

 

 

■「神経根」が、圧迫されるタイプ

左右の両方の神経根が圧迫されている場合か

どちらかの神経根が圧迫された時は

圧迫されたほうに、腰から足にかけての痺れ・痛みの症状が出ます。

■「馬尾(ばび)」が、圧迫されるタイプ

馬尾(神経の束)が、圧迫されると

「足の痺れ」「麻痺」「脱力感」

便尿が出ない・我慢できないなどの「排泄障害」

が起こったり、ムズムズした感じやチリチリ

した感じを覚えたりする事もあります。

先の「神経根を圧迫されるタイプ」より、症状が重いタイプです。 

又、すべり症に関連する場合も多々あります。

■混合タイプ

「神経根」「馬尾」、両者の症状が現れます。

 

 

 

【検査】

病院では、X線検査(レントゲン)やCT検査・MRI検査を行い

これら画像を見て脊柱管に狭窄が起こっているか確認します。

通常、X線検査(レントゲン)検査を行った後

もっと詳細な情報が必要な場合、骨以外の状態を見るために

CT検査やMRI検査を行います。 

又、場合によっては、造影剤を使用することもあります。

しかし、狭窄が起こっていても必ずしも症状が

出るわけでありません。 

又、脊柱管狭窄症の症状の特徴でもある

「間欠跛行(かんけつはこう)」の症状が出る

「閉塞性動脈硬化症」 など、他の病気が原因では無いかもあわせて判断されます。

■脊柱管狭窄症の治療

「保存療法」

排泄障害があるときなど症状が重い場合は

手術が検討されますが、「神経根が圧迫されるタイプ」

などで、症状の軽い場合は、「姿勢の改善」「運動」を心がけ

痛みがある場合は、「安静」を心がけながら、下記の保存療法を中心に治療を進めます。

「薬物療法」

「非ステロイド性消炎鎮痛薬」や「内服薬」

「貼付薬」「塗り薬」などの薬物療法が行われます

又、血管を広げる作用をも持つ「循環障害改善薬」を使用して、血流の改善を図ります。

 

理学療法」

血行の改善を即すために、ホットパック(蓄熱財)

による温熱療法。超音波療法、場合によっては腰椎の牽引を行います。

「神経ブロック」

痛みの伝達を遮断(ブロック)する事や、血流改善

炎症を鎮める目的で、「局所麻酔薬」を注射します。

「硬膜外ブロック」などの方法があり、硬膜外ブロックで

効果の無い人には、神経根に直接注射する「神経根ブロック」が行われる。

 

脊柱管狭窄症の手術が検討されるケースは

強い神経障害がある場合や、姿勢の改善指導をはじめ

保存療法をしばらく続けてみても「歩ける距離が短い」など

保存療法で効果が得られなかった場合などです。

 

■痛みの原因により異なる脊柱管狭窄症の手術療法

脊柱管狭窄症の手術の基本的な考えは

「脊柱管を広げることで神経への圧迫を取り除く(除圧)」事になります。

手術法については、「痛みの原因(どのように神経が

圧迫されているかの範囲や程度、症状)」によって

「開窓術」、「椎弓切除術」などと異なります。 

除圧部位に支障をきたす場合は「固定術」の併用を行います。

 

■脊柱管狭窄症の手術に関するポイント

「手術後、誰もがすべて解決される訳では無い」

残念なことに、安静にしていても痺れがあったりなど

「痺れ」、「麻痺」などの神経症状については

しばしば残ってしまいます。又、痛みが再発

してしてしまうケースもまれにあります。

 

「どこで治療しても治らなかった」、「手術をしたけど痛みがとれない」

などの方がル・クール整骨院&鍼灸院に来院されます。

当院でおこなう「鍼灸治療」、「骨盤矯正」などが絶大な効果を

あげております。

お知り合いの方で腰痛で悩んでおりましたら船橋市本町の

ル・クール整骨院&鍼灸院にご相談ください。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒273-0005 千葉県船橋市本町1-13-20 1F
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号047-404-6994
駐車場コインパーキング提携
※斜め向かいの三井のリパークをご利用ください。(駐車証明書の発行をお願いいたします)
休診日日曜・祝日