Blog記事一覧 > お身体に関する豆知識 > シンスプリントについて

シンスプリントについて

2014.07.26 | Category: お身体に関する豆知識

今日はシンスプリントについてお話していきます。

 

 シンスプリントは「すねの骨の内側または外側」が痛む症状ですが

すねの周りには「ヒラメ筋」「腓腹筋」「前脛骨筋」などさまざまな筋肉が付着(筋肉が骨に付いている)しています。

例えば、「ヒラメ筋」は、走ったり、歩いたり、ジャンプをする時によく使う筋肉です。

その動作をするたびに強くぎゅ!ぎゅ!と緊張をして、すねの骨膜(骨膜とは、骨をおおっている膜)を引っ張ります。

この緊張が強く起こり、引っ張り続ける状態が続くと、引っ張られている骨膜が耐えきれずに炎症が起き

痛みが起きます。これがシンスプリントになる本当の原因です。

難しい説明になりましたが、「シンスプリントの原因は硬くなった筋肉」だと理解していただければOKです。

シンスプリントを完治させるためには「硬くなった筋肉」を柔らかくすればいいのです。

当院では症状に対する治療とシンスプリントになってしまった根本的な原因に対する治療を同時に行っていきます。

そもそも同じ練習をしていても、シンスプリントになる人と、ならない人がいるのは、体の使い方が違うからです。

シンスプリントになる人は、原因の筋肉が硬くなる体の動かし方をしていることが考えられます。

つまりからだの使い方を上手にする治療もしていかないと再発してしまうのです。

是非一度ル・クール整骨院&鍼灸院にご来院下さい。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒273-0005 千葉県船橋市本町1-13-20 1F
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号047-404-6994
駐車場コインパーキング提携
※斜め向かいの三井のリパークをご利用ください。(駐車証明書の発行をお願いいたします)
休診日日曜・祝日