日焼け。

2014.07.28 | Category: お身体に関する豆知識

 

こんにちわ!

 

ル・クール整骨院&鍼灸院の三田村です。

 

 

今日の船橋は湿度も低く比較的過ごしやすい天気ですが

容赦なく日差しは照り付けてきます。

 

夏、女性には欠かせないもの。

日焼け止め。

そのお話をしようと思います。

 

意外と知らないこと

・肌が黒くなるのは、紫外線が沢山当たり

メラニンが増えてしまったから。

・皮がむけてしまうのは

皮膚の細胞が乾いてその細胞が死んでしまい

剥がれてしまうから。

 

 

日焼け止めの仕組みは2つある。

①紫外線吸収剤

紫外線を吸収すると熱や赤外線のエネルギーに変え皮膚の浸透を防ぐ。

②紫外線散乱剤

紫外線を反射し日焼けを防止する。

 

✩よく日焼け止めに書いてあるSPF、PAの意味。

SPF…紫外線の中でも肌に延焼を起こすUVB波と言われる波長の防止効果を表す指標で、紫外線を浴びた際にできる皮膚の赤い斑点ができるまでの時間を何倍に長くできるかを表す。

よほど長時間作業しないかぎりはSPF30で大丈夫みたいです。

 

PA…皮膚の黒化の原因となるUVAを防御する指数です。

PA+ UVA防止効果がある。   PA++ UVA防止効果がかなりある。

PA+++UVA防止効果が非常にある。  PA++++UVA防止効果が極めてある。

 

日常生活であればSPA20 PA++ぐらいがいいそう。

 

 

効果的な日焼け止めの塗り方(´艸`*)

1、日焼け止めを塗る前に化粧水、美容液で肌を整える。

2、肌にむらなくのばす。

3、すり込まない。

4、同じ量をもう一度重ねづけする。

5、2~3時間ごとに塗りなおす。

 

NG な塗り方

乾燥した肌に塗る

日焼け止めを薄くのばす。

去年の日焼け止めを使用する。

紫外線にあたる直前に塗る。

一部塗り忘れる。

短時間と油断する。

 

 

どうだったでしょうか。

皆さんも参考にしてみて下さい(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒273-0005 千葉県船橋市本町1-13-20 1F
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号047-404-6994
駐車場コインパーキング提携
※斜め向かいの三井のリパークをご利用ください。(駐車証明書の発行をお願いいたします)
休診日日曜・祝日