Blog記事一覧 > 雑談 > 3月3日♡

3月3日♡

2015.03.03 | Category: 雑談

 

 

こんにちは!

ルクール整骨院&鍼灸院の田村です!

 

きょうは、3月3日!

ひな祭りですね!

ひな祭りと言えば、女の子の健やかな成長を祈る年中行事の一つですよね。

雛人形と桃の花を飾って、雛あられを食べて華やかにお祝いをします。

雛人形を飾っていても、その由来は、意外と知らないということも多いです。

そこでひな祭りの由来を説明します!

 

ひな祭りの始まりは2つの行事が結びついているといわれています!

1つは、貴族階級の子女が、天皇の御所にイメージした御殿や飾り付けをして遊ぶことで、

健康と厄徐を願った「雛あそび

2つめは、和紙で作った人形に災いを託してを川や海へ流して災厄をはらう民俗行事の「流し雛

 

「雛あそび」と「流し雛」の2つが宮中から庶民の間に広まる間に、

結びつき発展して今の「ひな祭り」の形になったとされています。

 

流し雛では、紙で作った人の形をした人形(ひとがた)というものを作り、川に流していました。

この人形と雛あそびの人形が結びついて、現在の雛人形の原型ができました。

 

そして、人形作りの技術が発展して、立派な人形が作れるようになると

「流す」ものから「飾る」ものに変わって行きました

上流階級では、嫁入り道具として豪華な雛人形を持たせるようになり

婚礼の様子を模したものが好まれるようになりました。

 

自然と雛人形が豪華になっていく流れの中で、

「内裏雛(だいりびな)」だけだったものが、

二段、三段・・・七段と雛段を飾るようになっていきます。

 

そして最初は、若い女性が中心の行事だったひな祭りに、赤ちゃんが加わるようになります。

 

 

初節句として、女の子が生まれると雛人形を用意して、

その女の子に災いがふりかかりませんように、美しく成長して幸せになれますように!

という願いを込めてお祝いをする風習が広まっていきます。

 

こうしてひな祭りは、祓いの儀式であったものが徐々に形を変え、

女の子の成長と幸せを願うお祭りとなって、庶民の間へ定着していったそうです。

 

意外に由来を知らないでイベントを過ごしているかたも多いと思いますが

こーゆーのを調べてみると楽しいかもしれませんね☆

 

 

 

☆院の紹介☆

治療内容は保険治療をはじめ、早期回復のため様々な自費治療をおこなっております。

からだの土台となる骨盤矯正

肩こりや頭痛改善の猫背矯正

出産後の骨盤の開きに産後の骨盤矯正

女性の悩みの美脚O脚矯正

からだのラインを整える美容整体

お顔スッキリ小顔矯正&美容鍼

痛みや神経痛、冷え症や婦人科疾患に鍼灸治療

他にも交通事故治療(むちうち)やスポーツ外傷に特化した最新高電圧治療器

船橋で今までになかった整骨院&鍼灸院を!

船橋で皆様に信頼される№1の整骨院&鍼灸院を!

JR船橋駅徒歩4分、京成船橋駅徒歩3分。コインパーキング(駐車場)提携。船橋市、習志野市、千葉市、市川市、浦安市など遠方から多数来院。

船橋駅治療院口コミ№1!

 

TEL047-404-6994

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒273-0005 千葉県船橋市本町1-13-20 1F
予約予約優先制とさせていただいております
電話番号047-404-6994
駐車場コインパーキング提携
※斜め向かいの三井のリパークをご利用ください。(駐車証明書の発行をお願いいたします)
休診日日曜・祝日